IMG_4205

「F値」絞りとは?|一眼レフ初心者

レンズの「F値」って何?

レンズには絞りを操作して、取り込むヒカリの量を調整する機能が備わっています。

「F値」絞り

レンズが取り込む光の量を表す指標として用いられるのが「F値(エフチ)」で、絞りを最もあけた状態を示すのが開放F値です。

簡単に説明するとF値が小さければ小さいほど被写界深度が浅くなりボケます!そして、暗いときの撮影などシャッタースピードをあげることができるのです。

「F値」と「絞り」は同じものですが、数値的に反比例関係にあります。F値を明るい方から一段ステップで並べると、「F1.0 F1.4 F2.0 F2.8 F4.0 F5.6 F8.0……」となります。数値が多きいほど絞ったことになり、取り込む光の量が少なくなります。F値が一段階下がると、光量は二分の一に低下します。例えば、F2.8のレンズとF1.4のレンズを比較する場合、前者は後者より「二段暗い」と表現します。

作例

「F値」絞りとは?|一眼レフ初心者

この写真はF 1.8に設定した写真です。

F値が3より低い作品ではかなりピントの薄い作品になるので、撮りたい主役となるものを主張したい時やポートレートなどに効果的です。また、屋内や体育館など光源が得られにくい場所で大変有効になります。

一眼レフ初心者

この写真はF 13に設定した写真です。

F値が高い作品では被写体深度が広くなるのでピントが全体に合います。ですので、記念写真や風景写真、人物と写したい物との差が大きい場合に有効です。また、風景や夜景などを撮影する時にF値を高く設定するとキリッとした奇麗な写真に仕上がります。

「F値」絞り まとめ

このように、自分の撮りたい写真に合わせて絞りを調節して奇麗な写真を撮っていきましょう。また、何枚もとっていく事でこの場合はどれくらいのF値という現場感覚みたいなものが身に付いていくのでまずはどんどん撮る!という事です。望遠レンズで望遠の場合などは設定したF値より背景がボケるという特徴もありますので、色々なレンズを使用してみて感覚を掴んでいきましょう!