タグ別アーカイブ: レタッチ

IMG_0186hdr

HDR画像の作り方

HDR画像の作り方

HDR画像って何?

IMG_0321

HDR画像(ハイダイナミックレンジ合成)といいます。
HDRはHigh Dynamic Rangeの略です。

複数枚の露出の異なる画像1〜4枚を合成して作られる画像です。フォトショップCS5からは自動生成できる機能が備わっていたり高機能な画像編集ソフトウェアで合成する事が出来ます。 通常の写真では、陰になっていたりする部分では黒くつぶれてしまい、逆に逆光では光の部分が白とびしてしまう事があります。

デジタルガメラはこのように人の目よりは補正が効かない性質を持っています。これを極力人間の肉眼で見たときにより近い写真をにしたのがHDR画像なのです。

なので、作成する時は低露出、露出オーバー、通常の3枚の画像を合成するのが基本の作り方になります。

HDRは建物や風景に適しています。

一見、何て事ない画像でもHDR画像に編集する事でまた違った雰囲気の仕上がりなるので色々試してみると面白いです。

HDR画像の作り方

フォトショップを使ったHDR画像の作り方

HDR画像とは(ハイダイナミックレンジ)の略。

IMG_0555hdrsp

前回にも説明しましたがHDRとは、露出の高い所。露出の低い所。通常の写真。の3枚を合成した写真。写真ではとらえきれない部分をバランスよくまとめた画像がHDRなのです。また、人間の肉眼で見たときにより近いものにしたのがHDR画像です。 では、作成方法に参りましょう!

フォトショップを使ったHDR画像の作り方

befor

IMG_03211

after

IMG_03212

ステップ①

まず、高露出の画像を作る為に「イメージ」>「色調補正」>「シャドウ・ハイライト」を選択しましょう。

hdr-672x372-672x372

ハイライトの具合は写真によって異なるので見て調節しましょう。

hdr2

シャドウ45〜60位。ハイライト50〜60位がいいんではないでしょうか。また、夜景写真ではもともと露光量が少ないので少しの調節で大丈夫です。調節が終わったら画像を複製(comand+J)をしましょう。

ステップ②

 

彩度を下げる。

hdr4

そしたら、「イメージ」>「色調補正」>「彩度をさげる」を選択するか。「イメージ」>「色調補正」>「色相・彩度」を選択してお好みで彩度を調節しましょう。 最後にレイヤーの描画モードを「オーバーレイ」に変更します。

ステップ③

ハイパスを適用する。

hdr5

オリジナルのレイヤーを複製してトップに持っていきます。そして、「フィルタ」>「その他」>「ハイパス」を適用。 60〜70pixelです。 そしたら描画モードを「ソフトライト」にしましょう。

まとめ

以上でHDR画像の作成方法は完了です。3ステップでそんなに難しくはないと思いますが、写真によって感じが異なるので沢山作って慣れると良いですね。また、一番最後にトーンカーブで画像を締めたり、レイヤーマスクで空の色だけ変えたり雲があればコントラストを強めに効かせたりできるので色々やってみる事をおすすめします。これ!といったやり方はないので自分だけの編集方法を見つけるのもいいかもしれません。 では。

スポンサードリンンク