タグ別アーカイブ: 撮影スポット

長瀞 紅葉 ライトアップ

一眼レフで夜景撮影の4つのポイント!

一眼レフで夜景撮影の4つのポイント!

一眼レフ夜景撮影のコツ

ISO感度

ISO感度を上げる!

IMG_98

ISO感度を上げる事によってシャッター速度をより高速に設定できるので夜景撮影ではとても便利です。ただし、上げれば上げるほど ノイズが目立つ為、ぶれないシャッター速度と、奇麗な画質のどちらを撮るかの選択になります。カメラの機種によっても違うので、実際に撮ってみて確認する と良いでしょう!

三脚・レリーズ

三脚を使用する!

三脚があれば、シャッター速度が遅くても、夜景をうまく撮る事が出来ます。しっかりした三脚をきちんとセッティングすれば、ISO 感度を上げて無理に高速シャッターにする必要もなくなります。また、レリーズ(リモコン式シャッターボタン)を使用する事によってシャッターボタンを押し たときのブレを防ぐ事が出来ます!※ない場合は時間差シャッターで切りましょう。

IMG_6789

リバーシティ21の夜景

三脚を使用すればどんな夜景も奇麗にとることができます。

ホワイトバランス

ホワイトバランスを変える!

夜景写真では、ビルの蛍光灯や街灯、電球などの人工光が光源になります 。オートホワイトバランスでは見た目に近い色合いで写りますが、「白熱電球」にすると青っぽくなり、「蛍光灯」にすると紫がかったトワイライトな雰囲気に も出来ます 。風景は「太陽光」が基本ですが、夜景ではホワイトバランスを変更してイメージを変えてみるのがおすすめです!

Tv (シャッター速度)10 Av (絞り数値)	16.0 露出補正	0 ISO感度	200

Tv (シャッター速度) 10
Av (絞り数値) 16.0
露出補正 0
ISO感度 200

ホワイトバランスを「曇り」に変えれば、秋の赤っぽい色味を表現できます!

撮影のタイミング

撮影時間を変える!

夜景といっても、背景が漆黒という訳ではありません。ライトやイルミネーションの明かりが変わったり、雲が見えたりします。中でも美しい時間は、日没後のわずかなタイミング。ブルーやパープルに染まる空が背景になれば感動的な写真が撮れるでしょう!一日に一回、ほんの十数分の時間なので、逃さずに狙ってみましょう!

IMG_9781

東京タワーの夜景

日没直後の5時過ぎの撮影!東京タワーは時間によって本当に見え方が変化します。

スポンサードリンンク