タグ別アーカイブ: 測光モード

LKSFJKLS

測光モードの種類と使い分け

測光モードって何?

一眼レフ入門編・測光モードと表記説明

測光モードの種類

spf

多分割測光

現在のカメラで主流の測光モード、「評価測光」「マルチパターン測光」など、メーカーによって呼び方が異なります。画面内をいくつかに分割し、各々で得られた情報を総合的に判断して露出を決定しています。

中央部重点測光

文字通り、画面内の中央部に重点を置いて測光するもの、画面中央の明るさを優先しつつ、平均的な明るさを得ながら露出を決定します。フィルム時代はこの測光が主流だったので、ベテランの方はこのモードがなれているかもしてません。

スポット測光

画面(の中央部)の約4%のごく狭い範囲を測光します。被写体の特定の部分の露出を基準にしたい時に便利です。また、測光部分は機種によって、画面中央のごく一部のものや、AFフレームと測光する範囲が連動するものがあります。

部分測光

画面中央部の約10%の範囲を測光します。画面中央の被写体の周辺に強い光がある時などに有効です。

まとめ

初めは多分割測光で撮影すると失敗しない写真が撮れると思います。後は、逆光や陰影の強い写真を撮るときは設定を変更したり、露出設定を変えたりして適度な明るさにしていきましょう。

また、逆光などの場合はAEロックという機能を使うと最適な露出で撮影することができます。

撮影する場所によって明るさを変えて撮りたい写真を撮りましょう。

スポンサードリンンク